くすみの種類と原因を説明しています
  1. くすみの種類と原因!タイプ別対処法まとめ

くすみの種類と原因!タイプ別対処法まとめ

肌表面がくすんで黄色や褐色に見える「糖化」って?

肌全体が茶色く見える「茶くすみ」の原因と対策

肌全体が茶色く見える「茶くすみ」の原因と対策

数多くあるくすみの種類の中で最も多いのがこの「茶くすみ」だそうです。茶くすみとは、顔全体が茶色っぽく日焼けしたような色になること。まさにその原因は日焼けと同じメラニン色素です。

そもそもの要因としては紫外線を浴びたことなのですが、元気な肌が日焼けをしてもターンオーバーによって一定期間経ったらもとの肌色に戻りますよね。それが、皮膚の乾燥や生活習慣の乱れ、あるいは加齢によるターンオーバーの乱れなどによって古い角質が剥がれ落ちなくなり、皮膚表面に溜まっていくことでこの茶くすみが起こります。さらに皮膚表面に溜まった角質は皮脂や汚れなどの老廃物を溜め込んでしまう性質があるため、ただでさえ溜まった角質でくすんでいる肌はそのまま放置すればするほど、ますます茶色くくすんでいくことになります。

対策として考えられるのは、予防のための紫外線対策、そして改善のためにはピーリングや生活習慣の改善などですね。またメラニン色素が溜まったりターンオーバーが乱れたりしている肌の状況改善に役立つ化粧品を使うのもいいでしょう。

目の下がくすんで見える「青くすみ」の原因と対策

目の下がくすんで見える「青くすみ」の原因と対策

「青くすみ」とは、その名の通り肌が青っぽく暗くなることです。場所は茶くすみが顔全体であることが多いのに対して、青くすみは目の下に出やすいのが特徴です。目の下にできるクマもこの青くすみの1つです。

青くすみが起こる原因は血行不良で、貧血になると顔が青ざめるのと同じ仕組みです。血流が悪くなると、新しい血液はまず体内で重要な働きをしている臓器に送られるため、手足や顔は後回しになってしまいます。つまり青くすみが起こっているということは、顔に血液が十分に届いていないということ。温度も冷たくなっているはずです。

対策としては血行不良を改善することですが、血行が悪くなる原因は疲れやストレス、睡眠不足、喫煙、栄養バランスの偏りなど、生活習慣の乱れが中心となっています。寝不足だと目の下にクマができるというのはこういうワケなのですね。まずは早寝早起き、1日3食を心がけ、そして良質な睡眠をしっかりとれるよう、ストレスを溜め込まないための対策も必要です。

まだらに赤みがかって見える「赤くすみ」の原因と対策

まだらに赤みがかって見える「赤くすみ」の原因と対策

「赤くすみ」というのは、少し黒ずんだような赤い色が顔のあちこちに表れる現象です。主に小鼻の両脇や、頬にまだらに出ることが多いのが特徴です。

赤くすみが出る原因は、肌のバリア機能が低下すること。つまり皮膚が刺激に弱くなって いるときに紫外線や摩擦、乾燥といった刺激を受けることで炎症を起こすと、それを改善する力がないため、炎症が長引きます。そうなると炎症によるダメージが皮膚のより奥深くまで浸透してしまい、真皮にある毛細血管が破壊されて色素沈着を起こすのです。くすみはどれも悩みの種ではありますが、この赤くすみはまだらに出るので、それを気に病むことでストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。

赤くすみの対策としては、皮膚の状態を健康に保っておくことが第一。そうすればダメージを受けても真皮が出血するほどの大事には至りません。もし赤くすみをすでに起こしてしまっている場合は、刺激の少ないスキンケアアイテムに変えてみること、そして香辛料やアルコール、カフェイン、タバコなど刺激の強いものはしばらく避けることも重要です。

顔全体が黄色っぽく見える「黄くすみ」の原因と対策

顔全体が黄色っぽく見える「黄くすみ」の原因と対策

「黄くすみ」の原因は「黄ぐすみの原因は糖化とカルボニル化」でもご紹介した通り、糖化とカルボニル化ですね。これは最初にご紹介した茶くすみが一瞬健康に日焼けしているかのように見えるのと違って、内臓疾患を抱えているかのような不健康さを漂わせるのが特徴です。顔全体に表れますが、一部色が濃くなったりすることもあります。

黄くすみの原因を作り出す糖化とカルボニル化は体内のたんぱく質があるところではどこにでもその要因となるAGEsやALEsを作り出し、あらゆるところで細胞を変性・劣化させることが可能なので、黄くすみが出ているということは、実際に内臓疾患を疑ったほうがいいかもしれません。

黄くすみの対策はつまり糖化・カルボニル化対策なのですが、糖化やカルボニル化を促す食べ物・飲み物を控えて、食事の仕方にも注意するということや、抗糖化成分や抗酸化成分を摂るよう心がけることが重要です。抗糖化に関してはそれに特化した化粧品も出ていますので、すでに黄くすみが気になっている方は是非試してみることをおすすめします。

肌表面がくすんで黄色や褐色に見える「糖化」って?
糖質成分を使用しない抗糖化化粧品 ストレピア フェイスアップクリーム

糖質成分を使用しない抗糖化化粧品 ストレピア フェイスアップクリーム 最高峰のバラと言われるダマスクローズの香りで肌を優しく包み込み、透明感とハリのある、まるで−5歳若返ったような至福の艶肌を保ってくれるフェイスアップクリームです。

ページのトップへ